シータヒーリング®海外受講inドバイ〜アブダビ観光編〜

看護師 シータヒーリング®サイエンスの丹下尚美です。
今日もご訪問いただきありがとうございます。

 

 

 

今日は
〜アブダビ観光編〜
の内容でお届けしたいと思います。

 

 

シータヒーリング®レインボーチルドレンインストラクターを習得しにドバイへ行ってまいりました。

 

 

今までは、海外セミナーの時は受講をしてすぐにとんぼ返りでしたが、今回は日程にゆとりを持って滞在してまいりました。

 

 

去年行きたいな・・・と思っていたモスクに観光に行くチャンスが巡ってきたので、お隣のアブダビまで足を伸ばしてシェイク・ザイード・モスクに行ってきました。

 

 

 

シェイク・ザイード・モスクは、UAEの首都アブダビにあるモスク。こちらは異教徒でも入ることのできるモスクです。

 

沢山の観光客が訪れる開かれたモスクではありますが、入るにはちゃんとマナーがあります。ガイドブックや旅のブロガーさんなどの情報をもとに、マナーをなんとなく頭に入れていったものの、ドキドキしながら行ってまいりました。

 

 

まず初めに

 

 

◯持ち物チェック

入場する前に、空港の荷物チェックのようにベルトコンベアーに手荷物を置きチェックが入ります。危険物以外に何をチェックしているかわかりませんが、私はWi-Fiのルーターがお預かりとなりました。
番号札と引き換えに別の場所へ安全に保管されていました。帰りに番号札と引き換えに返却してくださいます。

 

 

◯服装マナー

▪️男性
ノースリーブや短パンは禁止

▪️女性
手首まで隠れるものを着る
足はくるぶしまで隠す
髪の毛は露出しない
体のラインが出ない服装

 

入り口でチェックがあり、必要な場合は無料でアバヤをレンタルすることができました。アバヤから髪が出てしまったりするとすぐに注意が入りますのでご注意くださいね。

 

 

◯入り口で靴を脱ぐ
入り口に下足箱があり、そこで靴を脱ぎます。
靴下は履いていても大丈夫です。

 

 

◯写真撮影
ピースなどのポーズは禁止。
他にどのような撮影方法が禁止されているのか詳しくはわかりませんが、いたるところに係員の方がいますので、マナーにそぐわない撮影をしていると注意を受け、撮影した写真を削除されます。普通に立って撮影するのは大丈夫ですよ。

 

 

◯その他
入り口に禁止事項の看板がありマークで記されているので、言葉がわからなくても何をしていけないかは把握できます。
大きい声で話すことや電話は禁止、喫煙や飲食禁止、寝転ぶことは禁止などなど記されれいます。
マナーさえ守れば心地よく見学できます。

 

 

◯交通手段
ドバイからアブダビに向かってタクシーで移動しました。

 

 

宿泊していたドバイ内のホテルからアブダビのモスクまで108kmの距離(グーグルマップ上)。
実際、RTAタクシーを利用して1時間ほどで到着し、料金は207.5ディルハム。
(1ディルハム35円として約7200円ほど)

 

 

ツアーもありますが、他に周りたいところもあったため、今回はタクシーにいたしました。
何人かで乗り合えばそれほど高い金額ではないですね。

 

 

帰りは、アブダビ市内にある公共のタクシーを利用してドバイに帰ってきましたが料金は同じくらいです。
初乗りは5ディルハムで、同じくメーター制なのでお値段の把握もできます。

 

 

ドバイと違うのは(私の拙い英語力で聞き取ったことなので間違った情報かもしれませんが・・)
「ドバイからアブダビはカードが使用できるタクシーがあるが、アブダビからドバイへは現金しか使えない。」とタクシーの運転手さんに教えていただきました。

 

 

ディルハムとドルを使用できることはできるようです。
ドバイ市内のタクシーはユーロも使用できると言っていた運転手さんもいたのでので、ユーロも可能かもしれません。
どちらにしても乗車する前に確認することをお勧めいたします。

 

 

 

◯タクシー利用の実際

ドバイのホテル
↓ 108km (約1時間)
        207.5ディルハム
シェイク・ザイード・モスク
↓    19km(約20分)
    61ディルハム
エミレーツパレス
↓  138km(約1時間30分)
         263ディルハム
バージアルアラブ
*距離はグーグルマップ検索で表示されたもの。

このような感じでした。

 

中へ入ると・・・。

*アバヤを装って後ろ姿を撮っていただきました。

 

 

*お天気も良くホワイトが際立ちます。iphoneにて撮影。こんな時いいカメラが欲しくなる。  

*観光のお客様が沢山。

 

*この空間が一番素敵だと感じました。

*美しすぎて魅了されます。こんな空間にいられたら幸せだ。サロンとかいいな・・。

*シャンデリア?照明?を真下から撮影した写真。幾何学的で繊細、レースのような模様が綺麗です。

 

 

*アラビア文字って美しいですね。不思議な魅力を感じます。

*こちらは一番華やかな場所でした。圧倒されて声が出ませんでした。

 

 

 

 

こちらのモスクは、ペルシャ絨毯が広大に敷き詰められていることでも有名だそうですが、天井に魅了されすぎて足元をあまり見ていなかった・・・。

 

 

 

モスクの後はエミレーツパレス。

*やっぱりこちらでも天井が気になりました。

*こちらでは、カプチーノでティータイム。ラテアートがモスクの様です。金箔で飾られています。

 

 

UAEへはこの様な機会がなければ足を運ぶことはなかったかもしれません。実際、行ってみると食事や装飾品、建築物など魅かれるものが沢山あり驚きます。まるで連れて行かれた様なそんな気分になります。不思議ですね。

 

 

ドバイの受講の際は、アブダビまで足を運んでも面白いかもしれませんね(*^^*)

 

 

本日も最後までお読みくださりありがとうございました。