まずは自己紹介させていただきます。

こんにちは!

名古屋ヒーリングサロン-Tsumugi- の 丹下尚美 です

職歴21年の看護師です。

ブログをお訪ねいただきありがとうございます。

 

現在の主な活動

・看護師

21年目の看護師。H9年正看護師を取得し、消化器内科 血液内科 救命センター ICU  手術室 口腔外科などを経験しています。エンゼルメイク委員会の活動やベトナム海外医療援助の参加経験があり、家族看護も大切に取り組んできました。

・シータヒーリング®インストラクター 

2015年より個人セッションやインストラクターとしてクラス開催を始めています。シータヒーリング®とは、瞑想法を取り入れた精神哲学です。きっかけは、わたし自身の生理周期に伴って起こるココロとカラダのバランスが崩れていた頃に出会ったものです。カラダはココロの中のメッセージを、何かしらの症状に表すことで教えてくれます。そしてシータヒーリング®を生活の中に取り入れることで健康になり、人生が楽しくなりました。現在はその経験を生かし、インストラクターとしての活動も行っています。最近では、医療職の方々へのクラス開催や、個人セッションも増えてきました。

・アロマセラピスト

2015年 IFAアロマ国際セラピストを習得。わたし自身が、生理周期に伴って起こるココロとカラダの不調をきっかけに出会った施術です。エッシェンシャルオイルとマッサージの組み合わせは免疫系・自律神経系・内分泌系に働きかけ、ココロとカラダのバランスを整えます。女性を対象に休日を利用したアロマセラピストとしての活動も行ない始めます。

・ちつケア

2018年より自然療法の講座の中で教えていただいた「ちつケア」をお伝えさせて頂いてます。日本ではあまり馴染みのないセルフケアですが、女性のココロとカラダの潤いを保つことや、病気の予防にもつながるセルフケアです。生理に伴う不調があった頃のわたしが知っていたらとてよかったのに…という思いから伝えることを始めています。


○生い立ち

岐阜県瑞浪市生まれ。3人兄弟の長女です。山の中の自然に囲まれた団地で育ちます。保育園ではみんなと足波を揃えて同じことをしなければならないことが苦手な子供でした。

片道4キロの道のりを徒歩で通う小学校生活。毎日、同世代の友達と日が暮れるまで外で遊んでいる元気な子供でした。小学生の頃より、怒られないように規則をちゃんと守る良い子でいることを頑張ります。看護師になろうと思ったのは小学校5年生の時。

中学時代は部活が1番。特に上手なわけでもないけれど、吹奏楽で楽器のセッションすることがとにかく楽しかった。テストで良い点を取るための勉強をすることも好きでした。でも反抗期を迎えたのもこの時期。抑圧感感じていたのかな…。

将来看護師になることは決めていたのでそれに向かっていた高校時代。でも、やりたいことができているという満足感があまりなく過ごす日々が多かった記憶があります。いつもモヤモヤ何か引っかかるようなそんな時代。もともとの生理不順がなかなか安定してこない…。こちらは大人になっても続きます。

そして晴れて看護師免許取得。看護師のお仕事の中の半分は、人生の終末期や思わぬ事故などで急に人生が変わってしまう人の人生、そしてそのご家族とたくさん関わることになります。そのほか、先天異常の子供達とそのご家族との関わり。生きることと死ぬこと、命についていろいろ考えさせられました。また、私自身の体調不良(生理に伴う症状や、ストレスで生じていた不整脈、耳鳴り、皮膚湿疹、体重減少など)からココロとカラダのバランスやメカニズムを考えるようになります。そんな頃心理学や自然療法、シータヒーリング®に出会い見事に完治。そして、その体験からの感動や思いを伝えようと活動を始めています。

こちらのブログでは、これまでの経験を生かしながら、現在の活動からくる気づきや、ココロとカラダの健康にまつわる情報、セッションのシェアなどアップしていきたいと思っています。